2008年 07月 31日
唐津城
6月7日に行った唐津城です。
藤の季節は既に終わっていましたが(当たり前ですね)新緑がまぶしかった。
超広角レンズ(EFs10-22mm)と捲き餌レンズ(EF50mmF1.8)を使用。
10-22mmの楽しさと50mmの恐ろしさを実感しました。
d0147393_6313486.jpg

d0147393_6314333.jpg

d0147393_6315625.jpg

d0147393_632637.jpg

藤棚を上から見るとこんな感じです。
来年は藤の季節に行きたいんですが、ここは人が多いから人が写らないようにするのに苦労しそうです。
d0147393_6331717.jpg

1枚目、3枚目~5枚目:CANON EOS KissDX + EF-S 10-22mm f/3.5-4.5 USM
2枚目:CANON EOS KissDX + EF50mm/F1.8Ⅱ

by pierre1228 | 2008-07-31 06:36 | スナップ | Comments(2)
Commented by tochi0150 at 2008-07-31 07:31
おはようございます
超広角レンズ、面白そうだ
ボケとかじゃなくて絞って広さを楽しむレンズなんですね
50はやっぱり、ポート向きなのかなぁ
いいボケしてますね、50/F1.4にステップアップもいいかもです^^
Commented by pierre1228 at 2008-07-31 21:47
◇tochiさん◇
こんばんは
超広角レンズは、難しいけど面白いですよ。
沖縄の風景撮りに大活躍でした。
50mmF1.8はお遊びで購入したんですが、噂通りのCPの高さで満足してます。
とりあえず、フラッシュと70-200mmが欲しいなぁ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 唐津城 築城400年      ふと見上げると >>